SD-WANプロバイダーに聞くべき4つの質問

young business man computer science engeneer talking by cellphone at network datacenter server room asking  for help and fast solutions and services

 

 

SD-WANはエンタープライズネットワークにおける大きなトレンドで、企業の大小を問わずデータセンターやクラウドでホストされている企業のデータリソースに対し遠隔地のオフィスから接続するための現レガシーネットワークを代替する最良の方法として注目されています。
市場調査会社やアナリストによる華々しい市場価値の可能性に導かれて数多くの新興企業、通信会社、エッジルーターベンダーが異なった設計思想に基づくプロダクトやサービスを提供していますが、各プロダクトやサービスと自社業務への適用可能性を的確に判断するには、SD-WANの種類や特質を理解することが重要です。
SD-WANは、複数の場所にまたがるワイドエリアネットワークを管理するまったく新しい方法を提供します。このテクノロジーは、組織のネットワークをハードウェアからソフトウェアに移行することを可能にし、データセンターやサーバールームからクラウドやSaaSアプリケーションへの移行を表しています。SD-WANは、データを安全に保ちながらネットワークパフォーマンスを向上させ、世界中の従業員を接続し、ビジネスの成長に合わせて簡単に拡張できます。
ただし、SD-WANは、プライベートネットワークにおけるネットワーク設計よりも複雑で、ハードウェアとソフトウェアの両方で構成されています。
SD-WANによって得られる効果やSD-WAN自体の実装方法はSD-WANプロバイダーごとに異なります。このため、サービス購入を検討する前に主要な違いを理解することが重要です。

 

4つの質問

ネットワーク管理者はビジネスニーズを満たすSD-WANプロバイダーを決定する前に、次の4つの質問をする必要があります。

 

1.ネットワークを備えたSD-WAN、またはエッジのルーティングデバイスだけが必要?

インターネットベースのSD-WANは、ブランチオフィスのコストと複雑さを軽減し、より優れたアプリケーション制御を提供します。これは、地理的に1つの場所に複数のオフィスがある企業には適していますが、複数の大陸にオフィスがある、または遠隔地にオフィスがあるグローバル企業では、待ち時間が長く、接続が変動するため、アプリケーションのパフォーマンスに問題が生じます。さらに、IT部門は、世界中のネットワークの構築と管理を担当する必要があります。

グローバルSD-WANは、個別のコンポーネントの購入ではなく、アプリケーションの配信に重点を置いた統合ソリューションを提供します。このサービスは、SD-WAN機能がクラウドネイティブなプライベートネットワークに含まれており冗長性も組み込まれています。これにより、デュアルMPLSリンクまたはMPLSとインターネットの組み合わせを使用するアプローチと比較してコストを節約できます。また、世界中のどこからでもアプリケーションのパフォーマンスを向上させるために最適化されたネットワークを提供します。

 

2.地域限定またはグローバル展開の接続に対処する必要は?

すべての支店・支社が限られた地域内にありインターネット品質が非常に高い場合(例えば日本国内だけに限られる等)インターネットベースのSD-WAN展開で十分な場合があります。インターネットベースの展開では、地域のMPLSリンクをブロードバンドに置き換えることで、企業はネットワークのコストと複雑さを軽減できます。ただし、インターネットをWANバックボーンとして使用することにより、グローバルなアプリケーションパフォーマンスの問題に対処することはできません。これは、インターネットが信頼性の低い遅延と輻輳ベースのパケット損失に悩まされており、これらの問題は特に長距離間通信のいて悪化しやすいためです。

グローバルSD-WAN展開の場合、データとアプリケーションのパフォーマンスを向上させるためにプライベートネットワークを活用する必要があります。

 

3.オンプレミスまたはクラウドSaaSアプリケーションの接続要件に対処する必要がありますか?

アプリケーションの大部分がオンプレミスであり、エンドユーザーの近くでホストされている場合、インターネットベースのSD-WANは接続要件に対応できます。ただし、長距離でクラウドおよびSaaSアプリケーションにアクセスする場合、実行可能なWANソリューションは多くありません。
混雑したパブリックインターネットを介したクラウドサービスやAWS、Office 365、SAP Business ByDesignなどのSaaSアプリケーションへのアクセスは、パケットの損失が大きく、遅延が変動するため、信頼性が低く、時間がかかる可能性があります。
インターネットベースのSD-WANは、パブリックインターネットの変動に依存しているため、この問題に対処できません。MPLSを使用してプライベートネットワークを構築しようとすることは、すべての場合に可能というわけではありません。レガシーテクノロジーは、ごく少数のパブリッククラウドサービスへの接続が非常に限られており、SaaSアプリケーションはほとんどないためです。クラウドネイティブのプライベートネットワーク上に構築されたSD-WANソリューションは、グローバルでクラウドに依存するビジネスに最適です。

 

4.SD-WANを社内で管理しますか、それともサービスとして提供しますか?

ビジネスが拡大するにつれて(特に世界中で)、数十のISPまたはMPLS契約を管理する複数のプロバイダーと取引することになります。さらに、特に合併や買収が行われ、さまざまな異なるネットワークがある場合、SD-WAN統合は面倒になる可能性があります。組み合わせるか管理します。

アズアサービスモデルを使用すると、企業は、SalesforceなどのアプリケーションやAWSなどのクラウドサービスを利用するのと同じ方法でSD-WANを利用できます。すべてのWAN管理はプロバイダーによって処理されます。

 

上記質問が貴社のSD-WAN選定での一助になれば幸いです。

また、SD-WANについてのよくある疑問についてはこの資料をごらんください。

 

関連コンテンツのご紹介

サービス紹介ページ

ブロードメディアでは、Aryaka(アリアカ)の日本国内パートナーとして、海外拠点と主要クラウドサービスやSaaSサービスとの接続性を大きく改善できる、グローバル対応のクラウド型WAN高速化&最適化サービスを提供しています。

SD-WAN導入のご検討や、お困りのことがありましたら、ぜひご相談・お問い合わせください。

お問い合わせ

前へ

SD-WANデプロイ3分類 〜 ビジネスに最適な形態は?

次へ

テレビCMオンライン送稿の料金を解説!【何にいくらかかる?】