Broadmedia CDN ストーク

大容量ファイルの高速転送

映像をはじめとする大容量ファイルを、国内外を問わずセキュアかつ高速に転送できる、エンタープライズ向けのファイル送信・共有サービスです。

こんなお客さまにおすすめです

  • 大容量のファイルを国内・国外に送信したい

  • FTPやHDDによるデータ受け渡しをやめたい

  • ファイルをセキュアにやり取りしたい

ブロードメディア®CDN ストークが課題を解決

  • 01大容量ファイルを国内外どこへでも

    大容量ファイルを、国内外を問わず高速に転送します。フォルダーごと送受信でき、面倒な分割・結合の手間も必要ありません。

  • 02FTPを代替しメディア輸送も不要に

    遅く不安定なFTPを、先進技術で代替します。転送はインターネット経由なので、HDDやテープなどに保存して輸送する必要はありません。

  • 03安全なデータ転送

    AES256による暗号化へ標準対応し、高度な認証やデータ完全性・機密性の確保などによって、強固なセキュリティーを実現します。

  • 04自社運用が可能

    機密ファイルの転送・共有時にも、他社管理サーバーへ保管する必要がなく、自社で安全に管理・運用できます。

ブロードメディア®CDN ストークの特徴

米国Signiant社のMedia Shuttleテクノロジーを採用し、ウェブブラウザーからの直感的な操作で、安全にどこへでもファイルを高速転送します。

  • 送受信ファイルの制限なし

    送受信できるファイルの種類や容量、数に制限はありません。映像データや画像、文書など、あらゆるフォーマットのファイルを、フォルダー単位で送受信できます。

  • 高速かつ確実な転送

    特許技術によって、回線帯域を最大限に効率利用します。また、転送が一時中断された際でもレジューム機能により自動再開し、データの整合性までチェックされます。

  • 高いセキュリティー

    ファイルの送受信時にAES256で暗号化し、IP網内での高いセキュリティーを実現します。また、運用画面と送受信サーバーを独立させることで、保存場所の特定が困難になります。

  • わかりやすい操作

    管理や送受信はウェブブラウザーからおこなえ、直感的で使いやすいUI(ユーザーインターフェイス)を採用しています。

  • 導入が容易

    新たな回線や、大がかりなシステム投資は不要です。送受信サーバーは、オンプレミス・クラウドを問わず構築できます。

  • クラウドネイティブ

    SaaSソリューションとして提供されるので、コストや手間のかかるアップグレードを気にせず、最新技術によるメリットを享受できます。

ブロードメディア®CDN ストークの仕組み

ブロードメディア® CDN ストークは、SaaS(Software as a Service)として提供されます。ユーザーはSaaS上のインターフェイスを通じて管理やファイル操作などをおこない、バックグラウンドでお客様管理のサーバー・ストレージと連携し動作します。

CDNストーク 仕組みの図

ポータル作成と管理機能

プロジェクトや目的などに応じて複数の「ポータル」を作成し、それぞれ使い分けることが可能です。

管理機能では、ポータルへのユーザー追加や権限管理がおこなえることはもちろん、コンテンツに応じた制限を設定することで、適正なデータアクセスを管理できます。また、ユーザーの利用状況を確認できるので、情報管理を適正化できます。

ダッシュボードのイメージ図

柔軟なストレージ運用

利用するストレージをポータルごとに設定できるので、目的やデータ種別などによって、オンプレミスとクラウドを使い分けることが可能です。

クラウドについては、AWSやAzure、GCP、IBMなどといった主要なサービスを利用できます。

ストレージ割り当てのイメージ図

※記載されている製品名、サービス名、社名、およびロゴマークは、各社の商標または登録商標です。※記載内容は、予告なく変更されることがあります。