AAM Screenwriter

映画館用上映管理システム

デジタルシネマの運用を効率的におこなうための映画館向け上映管理システムです。

こんなお客さまにおすすめです

  • 上映管理を一元化し、自動化・省力化したい

  • リアルタイムかつ迅速に状況把握したい

  • オペレーションミスを未然に防ぎたい

AAM Screenwriterの特徴

  • 運用の一元化

    デジタルシネマ設備(デジタルシネマプロジェクター、上映サーバ)の運用、コンテンツ管理など集中管理をおこないます。

  • 上映や運用の自動化

    プレイリスト作成、上映スケジュール作成をおこなうことで運用を自動化し、人的コスト、上映ミスの削減になります。

  • シンプルで、使いやすいユーザーインターフェイス

    わかりやすくシンプルな、ウェブベースのインターフェイス。

  • 直感的な操作感

    ドラッグ&ドロップの直感的操作で、プレイリスト、上映スケジュールなどを作成・管理できます。

  • 素早い状況把握

    警告の色分け表示やアラート通知をします。

  • 幅広い機種サポート

    様々なメーカーに対応しています。

集中管理による効率化

複数の上映サーバーやプロジェクターをサポートし、映画館全体の上映運用を集中管理します。上映にかかわる作業を一か所でおこなうことで、業務の効率化を実現します。

わかりやすい操作画面

ブラウザを利用するため、端末を選びません。また、ドラッグ&ドロップで、プレイリストやスケジュールを作成、編集できます。さらに運用状況をモニタする画面では、警告の色分け表示によりアラートを通知します。

※記載されている製品名、サービス名、社名、およびロゴマークは、各社の商標または登録商標です。※記載内容は、予告なく変更されることがあります。