Broadmedia CDN for theater

映画館向けDCP配信

映画本編、予告編、シネアドの上映用デジタル素材(DCP:Digital Cinema Package)を、これまでのHDDなどによるメディア配送に代わって、インターネット回線を通じて映画館へオンライン配送するサービスです。

こんなお客さまにおすすめです

  • 上映素材の納品・受入にかかる、コスト・作業を削減したい

  • 天候や災害による、遅延や不達を解消したい

  • 物理メディア管理をなくし、盗難や紛失を防止したい

サービスの概要

DCP配信サービスは、DCPファイルをそのままオンライン配信することで、映画館のデジタル化によるメリットを最大化します。

配給会社・映画館における素材受け渡しの”アナログ”な業務をDX(デジタルトランスフォーメーション)し、素材形式だけでなく運用面もデジタル化することで、業務の効率化とコスト削減を実現します。

配給会社のメリット

  • 01メディア管理が不要

    オンライン配信なので、物理メディア(HDDやUSB機器など)への大量複製(コピー)の作業はもちろん、数量・在庫量や入出庫の管理作業も不要となります。

  • 02納期の短縮・省力化

    納品手順が簡略化され、複製や納品などの物理作業が不要となります。映画館への納期も短縮され、内容変更などに伴うデータの再送も容易です。

  • 03紛失・盗難の予防

    物理メディアを使用しないので、配送時の盗難・紛失は発生しません。セキュアなネットワークを通じて、安全かつ確実にDCPファイルをお届けします。

映画館のメリット

  • 01メディア管理が不要

    配給会社から納品される物理メディア(HDDやUSB機器など)の保管や返却にかかる、管理作業が不要となります。

  • 02インジェスト作業がスムーズ

    受信サーバーへオンライン配信されたDCPファイルを、TMS(上映管理システム)側から操作するだけで、インジェスト作業が完了します。物理メディアの接続・取り外しなどは不要です。

  • 03紛失・盗難の予防

    映画館内で物理メディアを使用しないので、保管・移動時における盗難や紛失は発生しません。

サービス提供実績

  • 100作品以上を配信

    100作品以上の本編を配信しています。
    また、シネアドは2011年より、予告編は2013年より、多数の配信実績があります。

  • 海外拠点からの本編配信

    海外で映像制作された作品について、当社システムを通じて、海外現地から国内映画館への配信実績もあります。

ご利用にかかる費用

配信料金の合計 = 単価 × 映画館数

※種別(本編・予告編・シネアド)やDCPの容量によって、単価が異なります。詳細はお問い合わせください。

DCP配信サービス対応映画館

DCP配信サービスに対応している映画館について、一覧表をご用意しています。詳細はお問い合わせください。

導入をご検討されている映画館のお客さま

当社の提供する受信サーバーを映画館に設置することで、DCPファイルのオンラインでの受け取りが可能となります。詳細はお問い合わせください。

デジタルシネマサービスのご案内

当社では、映画館のデジタル運用に関するサービスを提供しています。豊富な実績とノウハウをもとに、映画館の運営をサポートしています。

お役立ち情報・資料のご案内

サービスに関する概要資料や解説動画を、無料でご覧いただけます。

※記載されている製品名、サービス名、社名、およびロゴマークは、各社の商標または登録商標です。※記載内容は、予告なく変更されることがあります。