Akamai Enterprise Threat Protector

セキュアな出口対策

社内外や利用者のデバイスに関わらず、インターネットへの安全な接続を実現する、セキュア・インターネット・ゲートウェイ(SIG)です。

こんなお客さまにおすすめです

  • 攻撃をDNSレベルで止めたい

  • 新しい攻撃へいち早く対策したい

  • 導入時の工数や設備設置を抑えたい

Akamai Enterprise Threat Protectorの特徴

DNSの仕組みを活用し、容易かつ効果的に、標的型攻撃への出口対策を実現します。

  • 不正アクセスをDNSレベルで遮断

    攻撃者サーバーへのアクセスをDNSレベルでブロックし、情報漏洩などのリスクを最小化します。

  • 迅速かつ容易な導入

    設備の新規導入なしに、脅威から保護できます。クライアント版のインストールで、社外からインターネットへのアクセス時にも保護されます。

  • 最新の脅威への対応

    攻撃トレンドを独自に捉えて継続的にアップデートすることで、最新の脅威へも即座かつ自動的に対応できます。

  • 利用規定への対応

    企業におけるネットワーク利用規定と照らしたモニタリングをおこない、違反する行為については遮断できます。

  • アクティビティーの監査

    利用者のクライアント情報や実行したアクションなどを、ログとして記録します。サンドボックスを用意することで、攻撃サンプルの収集も可能となります。

  • リアルタイムなインライン分析

    ダウンロードファイルやHTTPS通信のペイロードなどにおいて、リアルタイムにインライン分析をおこない、マルウェアなどの脅威から保護します。(上位版のみ)

迅速かつ容易な導入

新たな設備を導入することなく、社内DNSのフォワード先を設定するだけで、攻撃の脅威から保護できます。モバイルノート端末などについては、クライアントモジュールをインストールすることで、社外からインターネットへのアクセス時にも保護されます。

不正アクセスをDNSレベルで遮断

すべてのドメインへの外部アクセスは、ETPによって検査され、安全なドメインやサービスに対してだけ許可されます。標的型攻撃やマルウェア感染を受けた場合などで、攻撃者サーバーへの異常アクセスが検知されると、到達前にDNSレベルで遮断することによって、情報漏洩などのリスクを最小化します。

最新の脅威への対応

ETPは、最新脅威へ自動的かつリアルタイムに対応できる防御を提供するとともに、誤検出や検知漏れを最小化できるように設計されています。防御に用いられる知見データは、1日あたり2兆を超えるDNSクエリーを処理する『Akamai Intelligent Edge Platform』から常時収集されるデータなどにもとづき、機械学習や独自アルゴリズムなどを活用しながら継続的に分析・構築されています。これによって、新たな脅威が確認された場合でも、即座に対応できます。

※記載されている製品名、サービス名、社名、およびロゴマークは、各社の商標または登録商標です。※記載内容は、予告なく変更されることがあります。