Wi-Fi 6とは?新しい無線規格について知っておきたいこと

ヒーロー画像(Wi-Fi 6とは?新しい無線規格について知っておきたいこと)

Wi-Fiは、動画ストリーミングやゲーム、ビデオ通話などによって拡大し続ける帯域幅の要求に対応するために、ますます高速化しています。

中でも「Wi-Fi 6」は、最新かつ最高の、新しいワイヤレスネットワーク規格です。他にも「高効率無線LAN」や「802.11ax」などとも呼ばれています。iPhone 11以降をはじめ様々なデバイスで、この規格への対応が広がっています。

この記事では、そんなWi-Fi 6について説明します。

なぜWi-Fi "6"なのか

無線ルーターを購入したことのある人なら、「IEEE802.11ac」や「IEEE802.11n」などといった規格名を見たことがあるかもしれません。これらの規格は、世界最大の技術者団体である「IEEE」(Institute of Electrical and Electronics Engineers)によって策定され、運用性や互換性が保たれています。

一方のWi-Fiについては、「Wi-Fi Alliance」という団体によって維持管理され、IEEEの規格に準拠する製品を認証しています。

IEEE規格においては、上述した他にも「〜11ax」「〜11a」などの規格もあり、それだけで新旧を判断することは容易でなく、とても紛らわしいです。

そこでWi-Fi Allianceでは、「11n」以降の規格においてシンプルな世代別ナンバリングをおこないました。すべてのバージョンのWi-Fiには後方互換性があり、例えばWi-Fi 6対応のiPhoneからWi-Fi 4対応の無線ルーターへも問題なく接続できます。

略称(バージョン) 対応する規格
(なし) IEEE 802.11a/b/g
Wi-Fi 4 IEEE 802.11n
Wi-Fi 5 IEEE 802.11ac
Wi-Fi 6 IEEE 802.11ax

"次世代高効率無線LAN"とは

Wi-Fi 6は、たびたび「次世代高効率無線LAN」とも呼ばれます。

これは、従来規格からの改良において、様々なデバイスとより効率的に通信できることに主眼を置かれていたことが理由です。

ダウンロード/アップロードの速度(スループット)が向上するだけと誤解されることもありますが、家庭や企業・オフィスなどで接続端末が増えるに従って、本当のメリットが現れてきます。

Wi-Fi 6でどう進化したか

Wi-Fi 6では、ダウンロード/アップロードの速度だけでなく、接続性や効率を向上させる改良が多く加えられています。代表的なものを紹介していきます。

多くの端末から同時に使える

従来の規格では、多数の端末から同時にWi-Fiへ接続しようとすると、スピードが遅くなったり、そもそも接続できなくなることがたびたびありました。

Wi-Fi 6では、接続する端末が増えても効率的にデータをやり取りできるようになり、多くの場合でパフォーマンス・安定性が改善されます。OFDMA(Orthogonal Frequency Division Multiple Access)やOBSS(Overlapping Basic Service Sets)などといった新技術が採用され、電波帯域を細分化できるようになったことで、"個々の端末と順次"ではなく"複数の端末と同時"にデータを送受信できるようになりました。

また、前規格(Wi-Fi 5)で採用されたMU-MIMO(Multiple User - Multiple Input, Multiple Output)についても改良され、通信の効率化に大きく寄与しています。

接続性が改善

前規格(Wi-Fi 5)においては採用されなかった周波数「2.4GHz帯」が、Wi-Fi 6では改めて採用され、2.4GHz帯と5GHz帯の2つの周波数帯を使用します。

2.4GHz帯は、5GHz帯と比べて速度面では不利ではあるものの、壁やものによる干渉の影響を受けにくく、より遠くに電波を飛ばせるメリットがあります。これにより、広い範囲で安定的にWi-Fiへ接続できるようになります。

省エネルギー

「ターゲットウェイクタイム」という機能により、無線ルーターと端末が、通信のスケジュールを立てられます。

アンテナを常時立てて信号を待つのではなく、不要な時間にはオフにしておくことで、無駄なエネルギーを浪費することなく、必要なときにだけ使うことが可能となります。

元々は、スマートホーム機器を想定して作られたものですが、あらゆる端末・機器の電力効率を向上させ、バッテリー寿命を長くできる可能性を有しています。

安全な最新セキュリティー

最新で最も安全な無線暗号化規格であるWPA3(Wi-Fi Protected Access 3)が採用され、第三者によって通信を傍受・解読されることが、より困難となりました。

WPA3自体は、前規格(Wi-Fi 5)の一部機器でも対応しますが、Wi-Fi規格に含めることによって、一貫したセキュリティー確保につながります。

Wi-Fi 6対応機器を購入する際の注意点

新しい無線ルーターや端末を購入する際には、製品または公式サイトの製品ページに「Wi-Fi 6」対応が明記されているか、「Wi-Fi CERTIFIED 6」認証ロゴマークがあるかを確認しましょう。

冒頭でも説明したように、Wi-Fiには後方互換性がありますので、必ずしもすべての機器を同時にWi-Fi 6対応のものに置き換える必要はありません。メリットを享受しやすい機器から、置き換えを検討していきましょう。

Wi-Fi CERTIFIED 6 認証ロゴマーク
Wi-Fi 6 認証ロゴマーク
(引用元:Wi-Fi Alliance『Wi-Fi CERTIFIED 6』)

おまけ:Wi-Fi 6Eって何?

最新技術にアンテナを張っているような方であれば、「Wi-Fi 6E」についても聞いたことがあるかもしれません。

Wi-Fi 6Eを端的にいうと、6GHz帯の周波数にも対応するWi-Fi 6です。より多くの周波数帯に対応することで、無線ネットワークの混雑や電波干渉を緩和できることが期待されています。

しかし、このWi-Fi 6Eに対応する機器はまだ広がりをみせませんし、状況が進展しそうな様子もありません。その要因として、機器が高価であることと、法律が挙げられます。6GHz帯の電波利用は、アメリカや韓国、ブラジルなどでは認められているものの、日本を含む多くの国では認められていません。

現時点では、「そのようなものもある」くらいに捉えておいて、まずはWi-Fi 6の導入を検討するのが良いでしょう。

関連コンテンツのご紹介

サービス紹介ページ

ブロードメディアでは、ホテルや病院、キャンプ場、大型施設などへ、快適なネットワーク・Wi-Fi環境の設計・構築・保守サービスを提供しています。

当社では20年以上にわたってWi-Fiサービスを提供しており、10万室以上のホテル客室への導入実績を有しています。
Wi-Fiのプロとして、その構築や運用を強力にサポートしています。

Wi-Fi環境の導入のご検討や、お困りのことがありましたら、ぜひご相談・お問い合わせください。

お問い合わせ

前へ

公衆Wi-Fiサービスに潜む7つの危険性と回避策

次へ

安全にWi-Fiを使うためのセキュリティープロトコル 〜WEP/WPA/WPA2/WPA3の違い〜